カレー 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/05/23 03:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Leoさん
  • 情報提供ボンカレー 50 中辛 [890] 朝カレーだよ れとるとカレー全員集合Leoさんのプロフィール
  • 【静養と抵抗】 一週間、禁酒・禁カレーでした。静養期間は無事通過したとはいえ、量と辛さには注意して、無理し過ぎずにいこうと思います。一方、週末に〇代対象の研修を受講しました。あと〇年しかなく、〇年もある。求められる存在になり、稼ぎ、健康に生きていきたい。年齢・体力・環境に抵抗しなければ能力は劣化する。壊れない程度に無理して、いかに磨いていくかが課題。 【レトルトカレー】『ボンカレー 50 中

2位
ツムジロウさん
  • 情報提供レトルトカレー「麻辣カレー」 ござるな偏り凝り食い記録帖ツムジロウさんのプロフィール
  • 昨日のランチカレーはこちら。 「麻辣カレー」輸入品雑貨を展開するKALDIのオリジナル商品。ルウはネットリ系で具材は豚肉を中心にそこそこ入っている。麻婆豆腐をイメージしていたのだが少し違った。単純にカレーにラー油と山椒が入っているみたいな感じだ。舌に山椒のしびれが後味として残る。刺激としてはかなり強調されているが、あまり嬉しくない後味感だ。しかし今度、麻婆豆腐のもとでカレーを作ってみようかな、とい

3位
夜桜 なのさん
4位 H.Matsuさん
5位 H.Matsuさん
  • 情報提供転生するシンガポール料理名店。「大地の木」「ラムリ」ときて「ラヤンラヤン」(大塚) カレー細胞 -The Curry Cell-H.Matsuさんのプロフィール
  • かつて高田馬場で圧倒的支持を得ていたシンガポール料理店「大地の木」。2014年に惜しまれながら閉店したのち、2016年6月大塚駅南口に「ラムリ」として転生。さらに2018年、「ラムリ」も閉店かと思いきや、更なる転生!「ラヤンラヤン」大塚駅北側に2018年4月1日オープン。アットホームながら、ゆったり広々としたお店に生まれ変わりました。「大地の木」「ラムリ」の真子店長のもと、スタッフもさらに充実。大塚界隈の中華系&華僑
6位 H.Matsuさん
  • 情報提供気軽に立ち寄れるタイの屋台麺食堂。「Tuk Tuk トゥクトゥク」(西荻窪) カレー細胞 -The Curry Cell-H.Matsuさんのプロフィール
  • 西荻窪北口。ラーメン屋のようにふらっと立ち寄れるタイ料理屋さん。「Tuk Tuk トゥクトゥク」タイの屋台麺を中心にしたお店です。席はカウンターオンリー。早稲田の「ティーヌン」一号店を髣髴とさせますね。麺料理の他に、ご飯もの、丼ものなどもラインナップ。いずれもサッといただけるものばかり。潔いですね。★チャーンビール 650メニューにはビアラオもあったのですが、この日は売り切れ。ほどなく料理がやってきました。
7位 天竺堂さん
  • 情報提供スリスリ りんごカレー カレーの穴 curry-no-ana.com天竺堂さんのプロフィール
  • 酸味が生む個性(駅舎) カレーに合う果物、その筆頭格はリンゴでしょう。 すり下ろして入れるのも良し。角切りも良し。リンゴジャムでも良し。ハウス食品「バーモントカレー」に頼るも良しです。 今回試食したのは「スリスリ りんごカレー」。パッケージに「ふじ りんご 1/2個入り」と書いてあるので、リンゴ半個分のすり下ろしが混ぜ込まれているようです。 青森県五所川原市にある「駅舎」という喫茶店のカレーを、レトルト
8位 夜桜 なのさん
9位 楽団クレッセントの楽団長さん
10位 ツムジロウさん
  • 情報提供レトルトカレー「滝沢ハム社員食堂の土曜日カレー」 ござるな偏り凝り食い記録帖ツムジロウさんのプロフィール
  • でわでわ、昨日のランチカレー。「滝沢ハム社員食堂の土曜日カレー」滝沢ハムって名前は聞いたことがあるけど、栃木県に会社があるとは知らなかった。社員食堂のカレーだということで、関東のカレーだから肉はポークである。ルウはネットリ系で、具材は大きなジャガイモが目立つ。このあたりは栃木らしいというのだろうか。味は庶民の味っぽい、家庭的なカレーと言えるだろう。一般的に家で作るカレーとさほど変わりはないのかも。
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:18/05/23 03:30現在